循環型社会の中で環境と健康を考えるロハスなくらし お問い合わせ

道元の教えに学ぶロハスデザイン

 
水を知る 土に気付く 火に学ぶ 関西文化とロハスデザイン ロハスデザインの実践  
TOP>水を知る>水の汚染と健康被害>安全な水の基準

水を知る

柄杓で汲んだ水で手を洗い、そして柄杓の底に残った水を川へ還したという道元は、いくらでもあるような水でさえ粗末にせず大切にしていました。 その私たちが当たり前のように使っている水。今、水は様々な問題を抱えているのです。

水の汚染と健康被害

◆安全な水の基準

日本では水道法によって水質の基準検査が定められている。水道により供給される水は同法第四条にもとづく氷質基準に適合しなければならないとされ、46項目の水質基準は2つに分けられている。

anzen01.gif
  1. 健康に関連する項目=29項目。
    総トリハロメタン=1Lあたり0.1mg以下、大腸菌群数=検出されないことなどの基準値が設定されている。
anzen02.gif 2.  水道水が有すべき性状に関連する項目=17項目
   塩素イオン=1Lあたり200㎎以下、陰イオン界面活性剤1=1Lあたり0.2㎎以下
   などの基準値が設定されている。 

 
これらは「生涯にわたって摂取しても健康に影響が生じないように、安全性を考慮して、設定されている」というのが、厚生労働省の見解である。


さらに、水質基準を補完する項目として次の2つがある。

  1. 快適水質項目=13項目
    より質の高い水道水の供給をめざすための目標値。カルシウム、マグネシウムなど(硬度)が1Lあたり10㎎以上100㎎以下、酸性とアルカリ性を示すPH値が7.5程度(中性)などが設定されている。前者は水質基準では1Lあたり300mg以下と定められているが、「より質の高い水道水の目標とする値」として、別に定められた。
    快適水質項目=13項目(千葉県ホームページより)

  2. 監視項目=35項目
    水道水の安全性を将来にわたって確保できるように、「検出状況を把握し、適宜水質管理に活用する」ために設定された。殺虫剤のフェニトロチオンが1Lあたり0.003mg以下、合成樹脂の素材などに使用されるホルムアルデヒドが1Lあたり0.08mg以下(暫定)などの指針値が設定されている。
    監視項目=35項目(千葉県ホームページより)
 このほか、ゴルフ場で使用されている農薬についても、有機リン系殺虫剤のクロルピリホスが1Lあた0.004㎎以下、殺菌剤のキャプタンが1Lあたり0.3㎎以下など26項目の水質目標が設定されている。
これらの項目のうち一般細菌、大腸菌群数、硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素、塩素イオンなど計10項目は、厚生労働省の通達によって、必ず1カ月に1回、検査しなければならない。それ以外は、過去5年間の平均値が基準値・目標値・指針値の10%以下であれば、年に1回までの省略が許される。したがって、水質の悪い地域では1カ月に1回の検査項目が多い。たとえば水質汚染がひどい大阪府と大阪市の浄水場では、全項目を年間12回以上検査している。
 なお、カルシウムとマグネシウムは「硬度」と表記されているが、これは濃度と同じことである。単純にカルシウムイオン、マグネシウムイオンと表記したほうが、本来はわかりやすい。


戦略WEB|RAYCREATION|WEB戦略