循環型社会の中で環境と健康を考えるロハスなくらし お問い合わせ

道元の教えに学ぶロハスデザイン

 
水を知る 土に気付く 火に学ぶ 関西文化とロハスデザイン ロハスデザインの実践  
TOP>水を知る>水の汚染と健康被害>水の汚染の原因

水を知る

柄杓で汲んだ水で手を洗い、そして柄杓の底に残った水を川へ還したという道元は、いくらでもあるような水でさえ粗末にせず大切にしていました。 その私たちが当たり前のように使っている水。今、水は様々な問題を抱えているのです。

水の汚染と健康被害

◆水の汚染の原因

そもそも何が水の汚染を引き起こしているのだろうか。おもな原因をあげてみよう。

  1. 生活(家庭)関連廃棄物
    人間の排泄物、合成洗剤、食材の洗浄排水、食用油の廃棄、台所・風呂・洗濯排水、防虫剤やシロアリ駆除剤などの家庭で使われる化学物質。

  2. 工場廃薬物
    ポリ塩化ビニル、アスベスト、トリクロロエチレンなど生産現場から排出される膨大な数の化学物質。医学博士の小林勇氏によれば、日本の水源は400~500種類の化学物質で汚染され、水道水として浄化後も約200種類が残留しているという。しかも、そのうち約20種類は発ガン性物質だ(『恐るべき水汚染』合同出版、1989年)。中規模・大規模の工場は、排水量や河川の所在地によって、市町村別に排水基準が定められている。しかし、中小河川における一日排水量50トン未満の場合は見逃されているケースが多い。

  3. 農業
    水田の除草剤CNPをはじめ、田畑で使われるさまざまな殺虫剤・殺薗剤・除草剤。農薬の空中散布。ゴルフ場に撒かれる農薬。農地の表土流出、化学肥料・有機肥料・畜産廃棄物・ホルモン剤などによる地下水の汚染。

  4. 山林の放置
    間伐などの手入れ不足による表土の流出、保水性の低下による水質の悪化、松食い虫除去のための農薬散布。

  5. その他
    ダム建設による水量の低下、鉱山の排水、閉鎖鉱山の鉱毒、コンクリートによる河川護岸整備。


戦略WEB|RAYCREATION|WEB戦略