循環型社会の中で環境と健康を考えるロハスなくらし お問い合わせ

道元の教えに学ぶロハスデザイン

 
水を知る 土に気付く 火に学ぶ 関西文化とロハスデザイン ロハスデザインの実践  
TOPTOPICS愛媛県 しまの大学 「香りと癒しの上島へ」>香りから癒しの上島へ

愛媛県 しまの大学 「香りと癒しの上島へ」

◆香りから癒しの上島へ

「しまの大学」は3月24日、1年間の上島の人たちとのセミナーが修了しました。

当日、島の生活と島の人たちの修了作品を全員にお願いしました。

「しまの大学」の1年間の目的は、しまの活性化に向けて新たな事業の創生にあり、当初は約50名が参加され、最終的には30名の方が12ヶ月間セミナーに参加いただきました。

修了作品は実際に島で活用されている素材を、個々のアイデアを入れら生活に活用されている生活用品そのものです。

総数は30点にもなり、そのまま商品として活用できます。

実用的な化粧水、入浴剤、洗顔剤、毛髪剤、海草からの加工食品、柑橘類からの惣菜、ジャム等で、素材は全て島で栽培されていたり、自生している素材から作られている。
島の生活の知恵から作られた素材には、科学的であり、文化があり、歴史が窺える。
現在、島には、化粧品の小売店舗は存在しません。
通販で手に入れるか、船で約1時間の因島又は尾道、三原に出向き買い求める以外に手に入れることは出来ません。しかし、天然の素材は裏の山や畑には、それこそ山ほど植わっており、簡単に手に入ります。
無農薬の檸檬、青い皮の柑橘類、柚に橙、道端にはアロエは自生しているように花を付けている。
murakami_yasuko_web.jpg




















nomura_web.jpg



















   
 
konishi_sachi_web.jpg




















1年分の素材を乾燥や熟成によって保存し、親の代から化粧水や毛髪剤、洗顔剤として、引き継がれており、化粧品を買い求められている人が少ないのに驚きでした。
その上に皆さん美しい。
少し手を加えると立派な自然素材の洗顔剤や入浴剤が商品として生かされ実用化が見える。
都会の女性には手に入らない素材です。
2年度目はこれらの修了作品を消費者に届けられる商品にするため事業化に向けて、活動を開始します。
2年目の役割は、経済産業省の農商工連携の認証組織の立ち上げ及び未利用資源事業化コンテストに応募し受賞をターゲットにセミナーを4/21日から開催します。



                          

 

マイクロ波超流体

間伐材棺を活用しよう

磁性流体発電

チュニジアを有機農業の国に

愛媛県 しまの大学 「香りと癒しの上島へ」

未利用資源有効活用研究センター

食べられる野菜シート研究開発情報

近江すずき(ブラックバス)商品化事業報告

カドミウム汚染米と食の安全性

セミナー・フォーラム情報

メディア掲載情報

磁性鍋最新情報

上勝村最新情報

食の知恵

環境問題と農作物

京都カルチャー

メタボリックシンドローム対策情報

研究報告

行事情報・報告

料理研究家 堀知佐子&「リール」最新情報

消費税の増税とTPP参加を考える

戦略WEB|RAYCREATION|WEB戦略