循環型社会の中で環境と健康を考えるロハスなくらし お問い合わせ

道元の教えに学ぶロハスデザイン

 
水を知る 土に気付く 火に学ぶ 関西文化とロハスデザイン ロハスデザインの実践  
TOPTOPICSカドミウム汚染米と食の安全性>カドミウム汚染米の取材と報道機関の現状から見た日本国家の姿

カドミウム汚染米と食の安全性

◆カドミウム汚染米の取材と報道機関の現状から見た日本国家の姿

2009/05/30 お米の勉強会

テレビ朝日のサンディプロジェクト ディレクター 千田 真氏より取材を受けました。
取材の用件は、(東京の神山弁護士の紹介)

 ・カドミウム汚染米の現状
 ・過去に行われた水稲地域の汚染地域の現状について
 ・現在の汚染地域の状況とその地域の対策の実態は
 ・カドミウム汚染地域と主な疾患の関係
 ・カドミウム汚染地域の解析、旧鉱山及び鉱山地域、亜炭高地域、温泉地域
 ・他の汚染農地の現状


《主に提示した書類》
■過去農林水産省が行った調査資料のコピー約94000カ所の分析データ、農林水産省の担当者から送られてきた関係書類
■各都道府県から入手した、市町村別の5ヶ年の人体動態調査からガン死因性のデータ、及びガン死因性 とカドミウム汚染地 域の関係の分析
(ガン死因性では、大腸ガン、膵臓ガン、食道ガン、胆嚢ガンに類似した因果関係が存在する)
■人の細胞から取り出した硝酸カドミウムとガン罹患の可能性調査(千葉大学医学部環境 栄養学教授)
■マップ関係 汚染地域、旧鉱山、鉱山、主な亜炭高、温泉地


《これまでに行ってきたカドミウム汚染の活動》
1.カドミウム汚染農産物の健康への影響
WHOのカドミウムの経口経路による発ガン性については証拠が内とされているが実態はどうか、カドミウムは希硝酸、希硫酸によって可溶とされているが人体への経口実験では希硝酸によるデータが存在していない。
2.週間金曜日への新たに出版に対する呼びかけ
3.その他  、出版活動、放送活動、国会議員への呼びかけ




現状の国家の姿と世界の経済
 日本の政治家の経済認識の甘さ
 行政に対して制御ができなくなっている政治の姿勢
 
今後の汚染地域の対策として提案
景気対策の最優先課題として取り上げるべき課題であると感じています。  
21世紀は環境への取り組みを優先するならば、20世紀に行われた産業振興に対する環境汚染を解消し、国土の浄化による農業生産の抜本的見直しを行うべきです。
政策課題として訴える時期である。

 

マイクロ波超流体

間伐材棺を活用しよう

磁性流体発電

チュニジアを有機農業の国に

愛媛県 しまの大学 「香りと癒しの上島へ」

未利用資源有効活用研究センター

食べられる野菜シート研究開発情報

近江すずき(ブラックバス)商品化事業報告

カドミウム汚染米と食の安全性

セミナー・フォーラム情報

メディア掲載情報

磁性鍋最新情報

上勝村最新情報

食の知恵

環境問題と農作物

京都カルチャー

メタボリックシンドローム対策情報

研究報告

行事情報・報告

料理研究家 堀知佐子&「リール」最新情報

消費税の増税とTPP参加を考える

戦略WEB|RAYCREATION|WEB戦略