循環型社会の中で環境と健康を考えるロハスなくらし お問い合わせ

道元の教えに学ぶロハスデザイン

 
水を知る 土に気付く 火に学ぶ 関西文化とロハスデザイン ロハスデザインの実践  
TOPTOPICS研究報告>第三回 日本電磁波エネルギー応用学会シンポジウムに参加しました

研究報告

◆第三回 日本電磁波エネルギー応用学会シンポジウムに参加しました

去る2009年11月18~20日まで東京理科大学森戸記念館にて開催された
「第三回 日本電磁波エネルギー応用学会シンポジウム」に研究者として発表いたしました。

内容は、磁性鍋のしくみ、効果と香りの研究に関する実測データをもとにした研究発表です。

【樹の葉の香りと磁性鍋の効果部分概要】
葉の主な芳香成分であるテルペンは、赤外線、遠赤外線の領域に吸収波長がある。
磁性鍋で樹の葉を加熱すると、磁性共鳴によって香り成分を増幅させることが、鼻による感応テストで直接感知できただけでなく、多様な種類のテルペンに派生して、テルペンが生成され香りが増幅することが実証された。


発表用資料はこちら

reaf.jpg

収穫した後磁性鍋で加熱した樹の葉(収穫後6ヶ月)



sasa.jpg

磁性鍋で加熱した笹の葉を漉き込んだ竹パルプの和紙



ringo.jpg

磁性鍋で加熱したリンゴの皮を漉き込んだ竹パルプの和紙




【発表内容(項目抜粋)】
・磁性体のマイクロ波加熱の原理
・マイクロ波による磁性体の量子力学的加熱の原理
・マイクロ波によって磁性鍋を加熱することによって、
  鍋の内部 に赤外線、遠赤外線が輻射する。
・黒体輻射と磁性陶磁器からの赤外線、遠赤外線の輻射波長と波長密度
・マイクロ波によるMn-Zn-Caフェライトの加熱
・葉の芳香の有効利用
・赤外線、遠赤外線(2μm~100μm)の輻射と芳香
・樹の葉の主なテルペン成分
・テルペンの生成過程
・磁性陶磁器による樹の葉の加熱
・磁性陶磁器によってマイクロ波加熱し、赤外線、遠赤外線の輻射によって
  加熱された葉の芳香成分のクロマトグラフィ- による同定
・磁性陶磁器で加熱したサクラの葉のガスクロマトグラフィーの結果


 

マイクロ波超流体

間伐材棺を活用しよう

磁性流体発電

チュニジアを有機農業の国に

愛媛県 しまの大学 「香りと癒しの上島へ」

未利用資源有効活用研究センター

食べられる野菜シート研究開発情報

近江すずき(ブラックバス)商品化事業報告

カドミウム汚染米と食の安全性

セミナー・フォーラム情報

メディア掲載情報

磁性鍋最新情報

上勝村最新情報

食の知恵

環境問題と農作物

京都カルチャー

メタボリックシンドローム対策情報

研究報告

行事情報・報告

料理研究家 堀知佐子&「リール」最新情報

消費税の増税とTPP参加を考える

戦略WEB|RAYCREATION|WEB戦略