循環型社会の中で環境と健康を考えるロハスなくらし お問い合わせ

道元の教えに学ぶロハスデザイン

 
水を知る 土に気付く 火に学ぶ 関西文化とロハスデザイン ロハスデザインの実践  
TOPTOPICS磁性流体発電>常温、常圧下における超流体(超流動)の実験に成功

磁性流体発電

◆常温、常圧下における超流体(超流動)の実験に成功

超流体や超流動は絶対温度の環境下における液体ヘリウムにおいて従来は説明されている。
磁性流体発電システムにおいては、磁性流体がマイクロ波によって超流体と同じ現象が生じたとき、連続した高エネルギーが得られることを説明している。

超流動において、超流体現象を見せるとき、流体の流れは粘性による抵抗がなく、永続的に継続し、その流れには巨視的量子効果である、ボーズ-アインシュタイン凝縮によって量子渦が生じる。微小な量子効果を多数の粒子が存在する巨視的量子効果に増幅する原理はボーズ-アインシュタイン凝縮による。

マイクロ波によって磁性流体を加熱し、パラレルポンピングが生じたとき、室温においてボーズ-アインシュタイン凝縮の状態となる。銅粒子と磁性流体を混合した電磁流体において、マイクロ波で加熱した時、銅粒子には磁化が生じ、マグネトプラズモン効果によって磁性流体のエネルギーは増幅する。磁性流体と銅粒子が、ボーズ-アインシュタイン凝縮による超流体の現象となることによって、流体の現象はマイクロ波で加熱後も永続的に続き、磁性流体と銅粒子は紋様の量子渦を見せる。

 磁性流体と銅粒子の量子渦

Cumagflu1.jpg



 

マイクロ波超流体

間伐材棺を活用しよう

磁性流体発電

チュニジアを有機農業の国に

愛媛県 しまの大学 「香りと癒しの上島へ」

未利用資源有効活用研究センター

食べられる野菜シート研究開発情報

近江すずき(ブラックバス)商品化事業報告

カドミウム汚染米と食の安全性

セミナー・フォーラム情報

メディア掲載情報

磁性鍋最新情報

上勝村最新情報

食の知恵

環境問題と農作物

京都カルチャー

メタボリックシンドローム対策情報

研究報告

行事情報・報告

料理研究家 堀知佐子&「リール」最新情報

消費税の増税とTPP参加を考える

戦略WEB|RAYCREATION|WEB戦略