循環型社会の中で環境と健康を考えるロハスなくらし お問い合わせ

道元の教えに学ぶロハスデザイン

 
水を知る 土に気付く 火に学ぶ 関西文化とロハスデザイン ロハスデザインの実践  
TOP>ロハスデザインの実践>ソーラークッキング>ソーラークッキングとは

ロハスデザインの実践

ロハスデザインとは流行や個人の問題ではなく、現在の社会に必要不可欠な環境問題の解決方法なのです。ここでは、ロハスデザインの実践として実社会でどのような活動を行っているのかご紹介いたします。

ソーラークッキング

◆ソーラークッキングとは

sola00.jpgソーラークッキングとは、傘状のソーラーパネルで太陽光を直に効果的に集め、パネルの中央に設置した容器を太陽光だけで調理をする究極のロハスデザインの実践である。
低コストの簡易設備ででき、CO2も排出せず、環境にやさしく地球上どこでもできる調理法として注目を集めている。

■ソーラークッキングの実践
COの発生量を抑えることは人類全体の課題である。
冬でも晴天であれば、太陽光で調理ができます。ガス火や電熱と違い火力は弱いが、急ぐことはなく、ゆっくりと地球の自転にあわせて調理を任していると「太陽との対話」春分、秋分、冬至、夏至の時期の朝日や夕日の位置が解り、太陽光のエネルギーの大きさ自然との共生を実感できる。太陽のありがたさを肌で感じることができる。

場所は太陽光さえあればどこでも可能で、ベランダや広場、河川でも楽しめます。お湯を沸かすのに急ぐ必要はなく、太陽に任せておけば、いつも温かくなっています。晴天であれば、電気もガスもいりません。
土日や休日は曇天や雨の日でなれけば、太陽光を利用し、のんびりと自然に任せ、お茶やコーヒーそしてクッキングを太陽光だけでロハスデザインを楽しんむことができる。



徳島県上勝町

ソーラークッキング

現代社会への警鐘

琵琶湖の新名物?ブラックバスを美味しく食べる

第2の上勝町を全国に100カ所広げよう!