循環型社会の中で環境と健康を考えるロハスなくらし お問い合わせ

道元の教えに学ぶロハスデザイン

 
水を知る 土に気付く 火に学ぶ 関西文化とロハスデザイン ロハスデザインの実践  
TOP>ロハスデザインの実践>琵琶湖の新名物?ブラックバスを美味しく食べる>高島市が合同会社 リボーン立ち上げ

ロハスデザインの実践

ロハスデザインとは流行や個人の問題ではなく、現在の社会に必要不可欠な環境問題の解決方法なのです。ここでは、ロハスデザインの実践として実社会でどのような活動を行っているのかご紹介いたします。

琵琶湖の新名物?ブラックバスを美味しく食べる

◆高島市が合同会社 リボーン立ち上げ

高島市のグループが合同会社 リボーンを8/24日登記し立ち上げました。

  代表社員:海東英和 

  資本金:50万円

  住所:滋賀県高島市新旭町針江407番地の1

高島市の有志による合同会社でスタートしています。

 

■リボーン事業イメージ
takashima_lohas.jpg

高島市の新たな活動(PDF 304 KB)ダウンロード→



         【事業の主な内容】

 ・ブラックバスの加工食品

 ・鹿肉の加工

 ・廃鶏の再飼育とその加工

 ・樹の葉の加工




■高島市 合同会社リボーン 樹の葉香り試作風景

takashima_reborn01.jpg

takashima_reborn06.jpg

takashima_reborn07.jpg

takashima_reborn08.jpg


takashima_reborn09.jpg

takashima_reborn10.jpg


■高島市 合同会社リボーン 廃鶏商品化 旨鶏試験飼育風景

takashima_reborn02.jpg

takashima_reborn03.jpg

takashima_reborn04.jpg

takashima_reborn05.jpg



徳島県上勝町

ソーラークッキング

現代社会への警鐘

琵琶湖の新名物?ブラックバスを美味しく食べる

第2の上勝町を全国に100カ所広げよう!