循環型社会の中で環境と健康を考えるロハスなくらし お問い合わせ

道元の教えに学ぶロハスデザイン

 
水を知る 土に気付く 火に学ぶ 関西文化とロハスデザイン ロハスデザインの実践  
TOP>ロハスデザインの実践>琵琶湖の新名物?ブラックバスを美味しく食べる>ブラックバスの有志の会が立ち上がりました

ロハスデザインの実践

ロハスデザインとは流行や個人の問題ではなく、現在の社会に必要不可欠な環境問題の解決方法なのです。ここでは、ロハスデザインの実践として実社会でどのような活動を行っているのかご紹介いたします。

琵琶湖の新名物?ブラックバスを美味しく食べる

◆ブラックバスの有志の会が立ち上がりました

6/12日高島市でブラックバスの有志の会が立ち上がりました。
次回は6/28(日曜日午後1時から)近江寿司の冷凍寿司の試食会、鹿肉を利用した押し寿司の試食会、新しい鶏肉の飼育と地域興し、そして鶏肉の試食会を同時に行います。

有志は約20人になります。

10月に開催される琵琶湖環境メッセに向けて、準備が進んでいます。



徳島県上勝町

ソーラークッキング

現代社会への警鐘

琵琶湖の新名物?ブラックバスを美味しく食べる

第2の上勝町を全国に100カ所広げよう!