循環型社会の中で環境と健康を考えるロハスなくらし お問い合わせ

道元の教えに学ぶロハスデザイン

 
水を知る 土に気付く 火に学ぶ 関西文化とロハスデザイン ロハスデザインの実践  
TOP>ロハスデザインの実践>現代社会への警鐘>日本のこれまでの高齢化対策

ロハスデザインの実践

ロハスデザインとは流行や個人の問題ではなく、現在の社会に必要不可欠な環境問題の解決方法なのです。ここでは、ロハスデザインの実践として実社会でどのような活動を行っているのかご紹介いたします。

現代社会への警鐘

◆日本のこれまでの高齢化対策

高齢化社会による社会問題として予測できることは、次のような事項である。

1.高齢化と共に、労働力が減少し、その影響から経済活動の低下
2.各所帯の収入の減少と消費経済の減少
3.各種税収の減少、(所得税、市町村税、法人税、固定資産税)
4.各自治体の歳入の減少
5.医療費の増加、介護費用及び高齢福祉施設費用の増加
6.年金給付所帯数の増加

2000年、自治省による地方自治体の統廃合はその対策の一環である。
1998年の町村数、2,562
2004年の町村数、1,052、この7年間に1、510町村が日本から無くなった。
統廃合は歳入の減少から存続が困難な自治体が多く、統合による歳出節減及び合併助成金による支援で存続を計った。
これまでの経緯から見ると高齢化社会は地方都市ほど早く、高齢化対策が取られていない町村の多くが消滅した。
この間に日本の主要都市の財政内容は以下のような状態になっている。

主な都市の歳入と地方税の変化(1998年~2004年)

  地方税収 歳入 (%)
東京都 89.79 103.22
千葉市 87.83 103.34
水戸市 91.51 99.96
宇都宮市 93.21 108.0
金沢市 90.10 90.89
豊田市 92.90 118.75
京都市 84.80 98.34
大阪市 79.70 91.56
神戸市 85.54 73.19
徳島市 91.69 92.82


徳島県の主な町村歳入比率(1998年~2004年対比)
  歳入 (%)
上勝町 101.20
勝浦町 74.40
神山町 83.90
石井町 84.60


北海道の主な町村の歳入比率

  歳入 (%)
当別町 86.80
新篠津町 71.20
松前町 74.90
上富良野町 97.40
美幌町 92.60



徳島県上勝町

ソーラークッキング

現代社会への警鐘

琵琶湖の新名物?ブラックバスを美味しく食べる

第2の上勝町を全国に100カ所広げよう!