循環型社会の中で環境と健康を考えるロハスなくらし お問い合わせ

道元の教えに学ぶロハスデザイン

 
水を知る 土に気付く 火に学ぶ 関西文化とロハスデザイン ロハスデザインの実践  
TOP>ロハスデザインの実践>第2の上勝町を全国に100カ所広げよう!>リボーンで廃鶏の飼育経過検査を行いました

ロハスデザインの実践

ロハスデザインとは流行や個人の問題ではなく、現在の社会に必要不可欠な環境問題の解決方法なのです。ここでは、ロハスデザインの実践として実社会でどのような活動を行っているのかご紹介いたします。

第2の上勝町を全国に100カ所広げよう!

◆リボーンで廃鶏の飼育経過検査を行いました

10月10日、リボーンで廃鶏の飼育経過検査を京都府立大学教授、佐藤健司、大阪夕陽丘短期大学助手重村泰毅を招き行いました。

検査内容は

 ・外観の経過比較
 ・整体後の肉質
 ・食感

20日後の経過では多くの羽が抜けていた状態から羽が生え替わっていました。

廃鶏では食べられない皮の部分が美味しく食べられる状態に変化し、地鶏と遜色が無くなり、味覚は美味しく変わります。

024.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


廃鶏の飼育実験の立ち会い。

(右奥から)
京都府立大学教授 佐藤健司氏、大阪夕陽丘短期大学助手 重村泰毅氏
株式会社精膳 河野武平、合同会社リボーン代表 海東英和氏


002.jpg
廃鶏と飼育後の鶏に付く脂肪質の違い。

















003.jpg20日後は黄色い脂肪が確りとのり、健康な状態を示している。





 



徳島県上勝町

ソーラークッキング

現代社会への警鐘

琵琶湖の新名物?ブラックバスを美味しく食べる

第2の上勝町を全国に100カ所広げよう!