循環型社会の中で環境と健康を考えるロハスなくらし お問い合わせ

道元の教えに学ぶロハスデザイン

 
水を知る 土に気付く 火に学ぶ 関西文化とロハスデザイン ロハスデザインの実践  
TOP>関西文化とロハスデザイン>食文化と文化密度の関係

関西文化とロハスデザイン

三都の食生活の違いを分析し、食生活の違いから生じる精神性や産業構造の違いを 分析することによって、食習慣から作り出される生活習慣や精神性を探索し 時代の課題として検証します。

食文化と文化密度の関係

◆食文化の密度が文化や科学の密度を作る

人類の進化は火を使うことから始まったとされている。
 "火を使う" 火を使うことから、食べ物の種類が広がり、食物の種類の広がりは、味覚への感性が育まれてきた。
火を使うことから、火に強い土器が作られ、火力を長時間維持する工夫から、炉や竈など、火の保存性や熱効率の工夫が生まれている。

◆食育とは

-食文化の生い立ちから、食の科学とその重要性の教育-
食べることは人々が明日の命を維持するために欠かせない初歩的な一歩である。
今では当たり前に普通に繰り返されており、毎日さぼらずに食べることを教育の一つとして取り上げ、最近の学校教育ではそれが食育としている。

◆飽食と中食

-バブル経済は、飽食時代を引き起こし、その結果、生活習慣病の糖尿病やメタポリック シンドローム多発させ、中食の簡便性の浸透はニートを日本中に蔓延させた-

豊かな食文化とは、飽食ではなく、美味しい食材を生産する技術と美味しく調理する 創造性が一体になり、健康的な食生活を育成し、調理を評価する市民力によって、器や道具を創作し、住居や建築物の芸術的、科学的な発展が見られる。
豊かなで密度の高い食文化の継続は、その地域の文化意識や科学的知識の高さを示している。

◆日本食は世界一健康的な食事

-理想的な健康食を放棄した日本人の食生活-

世界では、健康的な料理の代名詞を日本料理としている。
日本人の多くの食生活は、雑穀類と野菜の摂取量が多く、魚類や大豆から多くの良質なタンパク質を摂取し、比較的肉食が少なく、一回に利用する食材の種類も多く基礎的な栄養バランスが取りやすい調理の工夫が伝統となっている。