循環型社会の中で環境と健康を考えるロハスなくらし お問い合わせ

道元の教えに学ぶロハスデザイン

 
水を知る 土に気付く 火に学ぶ 関西文化とロハスデザイン ロハスデザインの実践  
TOP>関西文化とロハスデザイン>京都、大阪、神戸市民の食生活と環境及びメタボリックの関係>国民の健康への課題、大きな見落としが放置されている

関西文化とロハスデザイン

三都の食生活の違いを分析し、食生活の違いから生じる精神性や産業構造の違いを 分析することによって、食習慣から作り出される生活習慣や精神性を探索し 時代の課題として検証します。

京都、大阪、神戸市民の食生活と環境及びメタボリックの関係

◆国民の健康への課題、大きな見落としが放置されている

食料品の約60%が輸入品である。輸入食料品であれば、国内生産と異なり生産内容の違いがあるのか?
多くの加工食品は、国内生産では、価格的に合わないため、海外にシフトした、海外での生産は、一層価格競争に耐える生産指導しており、品質を問う内容を追求することに、はじめから無理がある。外食に利用されている加工品、冷凍食品、中食の加工品、学校給食の加工品、施設給食の加工品のほとんどがその対象である。
海外で加工された食品の品質を家庭内部で改善し調理することは、ほとんど不可能である。


食文化と文化密度の関係

京都・大阪・神戸関西三都の食文化

食生活の違いと産業構造

京都、大阪、神戸市民の食生活と環境及びメタボリックの関係