循環型社会の中で環境と健康を考えるロハスなくらし お問い合わせ

道元の教えに学ぶロハスデザイン

 
水を知る 土に気付く 火に学ぶ 関西文化とロハスデザイン ロハスデザインの実践  
TOP>関西文化とロハスデザイン>京都、大阪、神戸市民の食生活と環境及びメタボリックの関係>メタボリックシンドロームが持つ2面性

関西文化とロハスデザイン

三都の食生活の違いを分析し、食生活の違いから生じる精神性や産業構造の違いを 分析することによって、食習慣から作り出される生活習慣や精神性を探索し 時代の課題として検証します。

京都、大阪、神戸市民の食生活と環境及びメタボリックの関係

◆メタボリックシンドロームが持つ2面性

最後メタボリックシンドロームと京都、大阪、神戸の食生活を分析する常に現在社会の問題が一側面で見られていることが多く、多面的な見方の必要性を感じる

メタボリックシンドロームの言葉は個人の予防医学として大変わかりやすい指摘である。
同時に、メタボリックシンドロームは企業や自治体、社会全体へのモラル、社会問題を評価する指標に結びついている。

罹患の要因は、一つには、個人の食生活に原因がある。別の側面には、食材の品質に課題があり、これまで経済優先に生産されてきた食材の品質への警告を示唆している。

メタボリックシンドロームはグルメや飽食から生じた疾患であるが、同時にメタボリックシンドロームに罹患する人以上に貧困と飢えに直面している人口が存在している。

経済の豊かさの追求には必ず貧困との背中合わせにあることを示唆している。

食生活の利便性の追求は科学への追求で欠かせないが、家庭内の食品や調理科学の無知への誘導に結びつく。

メタボリックシンドロームの解決手段は、これまで栄養計画と指摘し、運動とのバランスを指摘されていた。素材から見た栄養計画よりも、むしろ調理方法に解決の道がある。

メタボリックシンドロームは個人の疾患であるが、同時に社会全体の問題、課題が大きい。



食文化と文化密度の関係

京都・大阪・神戸関西三都の食文化

食生活の違いと産業構造

京都、大阪、神戸市民の食生活と環境及びメタボリックの関係