循環型社会の中で環境と健康を考えるロハスなくらし お問い合わせ

道元の教えに学ぶロハスデザイン

 
水を知る 土に気付く 火に学ぶ 関西文化とロハスデザイン ロハスデザインの実践  
TOP>関西文化とロハスデザイン>京都、大阪、神戸市民の食生活と環境及びメタボリックの関係>自治体、企業のメタボリックシンドロームの罹患率は体質の評価基準になる

関西文化とロハスデザイン

三都の食生活の違いを分析し、食生活の違いから生じる精神性や産業構造の違いを 分析することによって、食習慣から作り出される生活習慣や精神性を探索し 時代の課題として検証します。

京都、大阪、神戸市民の食生活と環境及びメタボリックの関係

◆自治体、企業のメタボリックシンドロームの罹患率は体質の評価基準になる

京都、大阪、神戸の町はバブル経済が崩壊したとき、それぞれの都市の気質が明確に表れた。京都は長い歴史のなかでは、覇者が変わるたびに町は破壊され、破壊された町を町民力で再建し、常に浮き沈みを体験している。生活のスタイルに無駄が少なく、質素で倹約家が多い。生活のスタイルと同じように、常に素材の価値、付加価値を高める研究が基礎になっている。上勝町も同じで、日本中どこを探しても樹の葉が存在しない村落はないが、葉の付加価値を高めてビジネススタイルを構築した。京都の産業は、バブル経済崩壊後、素材の価値、高付加価値産業へと早い転換に成功し、早い立ち直りが見られた。

日本の工業生産の製造品原料価格は全国平均が57.2%、京都は、42.6%、日本一低い比率である。この価格が世界のマーケットを開き次への対応、、基礎研究を怠らない努力と技術力が継続されている。京セラ、オムロン、村田製作所、ローム、島津、堀場製作所、任天堂、日本電装などがその例である。
大阪の産業の多くは、大量生産による価格競争の成功が基礎になっている。国内価格が高騰したとき価格競争に耐える目的で生産地を海外に移転し新たな体制を整えた。その結果は、はじめは成功に見られたが、技術移転が無償に終わり、技術移転の国が次の本体への競争相手に変わり、より大きなダメージとなって表れた。次への産業構築に転換するにも、新たな産業への転換の道筋が見えてこない。
神戸は常に行政と一体になり進める事業が基礎になり発展してきた。明治からの発展には、国際交流によって基礎産業が発展し多くの文化が構築されてきた都市である。
大震災という多くなダメージは拭いようがない負債ではあるが、次への産業展望とし医療産業をテーマにされているが、国際都市としての基盤がそのなかに生かされていない。


食文化と文化密度の関係

京都・大阪・神戸関西三都の食文化

食生活の違いと産業構造

京都、大阪、神戸市民の食生活と環境及びメタボリックの関係