循環型社会の中で環境と健康を考えるロハスなくらし お問い合わせ

道元の教えに学ぶロハスデザイン

 
水を知る 土に気付く 火に学ぶ 関西文化とロハスデザイン ロハスデザインの実践  
TOP>関西文化とロハスデザイン>京都、大阪、神戸市民の食生活と環境及びメタボリックの関係>現在の日本人は、この現実からは逃れることが困難である。

関西文化とロハスデザイン

三都の食生活の違いを分析し、食生活の違いから生じる精神性や産業構造の違いを 分析することによって、食習慣から作り出される生活習慣や精神性を探索し 時代の課題として検証します。

京都、大阪、神戸市民の食生活と環境及びメタボリックの関係

◆現在の日本人は、この現実からは逃れることが困難である。

多くの日本人がメタボにならないように努力することは、食品への基礎知識が欠かせない。
食物連鎖が日本人のメタボリックシンドロームの現象であり、現在の食品流通では、無防備に食べるとメタボ食品を取り除いて消費することが困難になっている。
例え海外で生産しても、生産指導は日本から指導者が派遣され、日本と同じような環境で生産され飼育されており、回避することは難しい。大衆的な価格で外食産業に利用されている食材はほとんどが海外である。冷凍食材も同じである。
先進国ほどメタボは多い。米国はメタボ大国である。食材とその食生活に問題がある。
メタボリックシンドロームを解消するには、自己防衛をするしか方法は残っていない。
調理からメタボを除去する以外に解決手段は存在していない。

京都市のメタボが少ない要因には、家庭内調理の方法にあり、100万人都市のデータによって立証されている。
普通の低価格の外食や中食の生活を継続することはメタボの改善として、回避は大変難しい。
同時に現在では大きな問題とされていないが、家畜に利用されている抗生物質は自然界に蓄積されている、抗生物質や成長ホルモン剤は多くが排泄されるが、一部は脂肪質にも蓄積するとされている。
排泄した抗生物質は河川にも影響しており、最近の研究では河川の下流域ほど抗生物質の耐性菌が多く検出されることが環境学会等で報告されている。


食文化と文化密度の関係

京都・大阪・神戸関西三都の食文化

食生活の違いと産業構造

京都、大阪、神戸市民の食生活と環境及びメタボリックの関係