循環型社会の中で環境と健康を考えるロハスなくらし お問い合わせ

道元の教えに学ぶロハスデザイン

 
水を知る 土に気付く 火に学ぶ 関西文化とロハスデザイン ロハスデザインの実践  
TOP>関西文化とロハスデザイン>京都、大阪、神戸市民の食生活と環境及びメタボリックの関係

関西文化とロハスデザイン

三都の食生活の違いを分析し、食生活の違いから生じる精神性や産業構造の違いを 分析することによって、食習慣から作り出される生活習慣や精神性を探索し 時代の課題として検証します。

京都、大阪、神戸市民の食生活と環境及びメタボリックの関係

◆メタボリックシンドロームとは

※ーメタボリックシンドローム-
 生活習慣病とされていた、脳血管疾患、心疾患、ガンなどの疾患と肥満に一定の関連性 があることが、大阪大学大学院医学部、教授、松澤佑次のグループによって研究された。 肥満と内臓脂肪の細胞内に存在するアディポネクチン遺伝子の相関性を大阪大学、講師 前田和久によって発見された。アディポネクチンは善玉遺伝子として内臓脂肪内に存在 し、肥満になれば減少しやすく、その結果、高コレストロール血漿、糖尿病、脂質異常 (高TG、低HDLコレステロール血漿)高血圧が一個人に集積する複合型リスク症候 群を引き起こす。アディポネクチンの減少はガンにも罹患しやすいことが解り始めた。

◆京都市、大阪市、神戸市の食生活

京都市、大阪市、神戸市のメタボリックシンドロームに罹患している患者数は正確な統計データは取られていないが、これまでの学会報告などでは、大阪市は全国的に見ても多く、すぐ隣の都市、京都市は反対に全国的に見ても少ない、神戸市は、ちょうどその中間的とされていた。

◆京都市、大阪市、神戸市の歴史と市民気質

京都、大阪、神戸は、都市が形成された歴史的な背景や年代には違いがあり、都市形成に欠かせない祭事や行事が祭礼と儀式等の作法として伝承され、市民気質、言葉使い、生活習慣として継承されている。歴史的な文化の積み上げから食文化を作り出しており、同じ食材を使用しても、京都と大阪、神戸は食べ物の好み、調理のメニューやレシピ、食べ方に違いが見られる。

◆京都市、大阪市、神戸市の食生活の影響

日本は、昭和40年代から経済的に豊かになり、それまで普通の所得では手に入りにくい動物性の肉類が大量生産され全国的に安定し流通されるようになった。それぞれの所得に見合った食材が自由に、好みに応じて手に入り、好き放題に食べられる社会になった。

◆なぜ大阪市市民は短命なのか

京都、大阪、神戸の年齢別、死亡比率のデータ及び男女別死亡年齢別データを見ると都市間の格差が明らかに違いが見られる。

◆農業生産の問題点、食物連鎖によるメタボリックシンドローム

では、なぜ京都市、大阪市、神戸市の3都市の市民の健康に差が生じているのか、その原因は、他にも存在している可能性がある。

◆国民の健康への課題、大きな見落としが放置されている

食料品の約60%が輸入品である。輸入食料品であれば、国内生産と異なり生産内容の違いがあるのか?

◆栄養計画の大きな問題点

■栄養計画の落とし穴
メタボリックシンドロームの改善は基本的には、栄養指導である。
栄養指導は何によってなされているのか?

◆現在の日本人は、この現実からは逃れることが困難である。

多くの日本人がメタボにならないように努力することは、食品への基礎知識が欠かせない。
食物連鎖が日本人のメタボリックシンドロームの現象であり、現在の食品流通では、無防備に食べるとメタボ食品を取り除いて消費することが困難になっている。

◆経済変動と食生活の変化とメタボリックシンドロームの関係

戦後63年間で日本の経済は大き変動し、経済的変動と共に農業生産の構造変化みられ、同時に食生活とその消費の傾向が変化した。
食生活は時代の経済変化に大きな影響を受け、経済変動は必ず自然環境と生活環境の変化をもたらし、同時に市民の健康も一定の経年後に影響を受け変化することがデータに表れている。

◆肥満と負債の強い相関性と市民モラルの問題

■市民モラルの低下
大阪大学、経済学部教授、池田信介の研究では、肥満を社会問題として分析されている。

◆自治体、企業のメタボリックシンドロームの罹患率は体質の評価基準になる

京都、大阪、神戸の町はバブル経済が崩壊したとき、それぞれの都市の気質が明確に表れた。京都は長い歴史のなかでは、覇者が変わるたびに町は破壊され、破壊された町を町民力で再建し、常に浮き沈みを体験している。生活のスタイルに無駄が少なく、質素で倹約家が多い。生活のスタイルと同じように、常に素材の価値、付加価値を高める研究が基礎になっている。上勝町も同じで、日本中どこを探しても樹の葉が存在しない村落はないが、葉の付加価値を高めてビジネススタイルを構築した。京都の産業は、バブル経済崩壊後、素材の価値、高付加価値産業へと早い転換に成功し、早い立ち直りが見られた。

◆都市別の社会問題

経済的な低迷時期ほど、都市の歴史が作り出した市民の気質が生きている。
高齢化社会はこれまで日本人が経験していない大きな課題がある。日本各地では既に高齢化社会が見られ中山間地、僻地では、限界集落として部落の放棄が始まった。地域経済が破綻し、医療や社会保障ができず、自治体の財政維持が困難になっている。バブル経済が崩壊した頃の高齢化率は約20%~30%の地域が、今では約40%の高齢化になり、自治体同士の合併や吸収の形式が取られたが、実態は厳しい財政環境にある。

◆食生活から改善しなければならないメタボリックシンドロームの課題

自由に食べたい、食べるものまで他人に指摘されたり、指示されたくない。食べ物を選択するのは、自分の勝手ででしょ。
食べるものまで制限されることは決してうれしいことではない。例え大きな疾患を自覚していても、明らかなデータが示されるまでは抵抗を感じるのが普通である。
人は犬に「おわずけ」を指示するが、人は、他人から「おわずけ」を指示されることは大変抵抗を感じる。

◆大阪の代名詞は「食い倒れ」であった。

3toshi-08.jpg道頓堀の代表的な店舗「食いだおれ」の店舗の歴史を閉じるとの報道があった。
道頓堀の代表的な店舗「食いだおれ」の店舗の歴史を閉じるとの報道があった。
江戸時代から続いた大阪を代表する快楽街
の一角にあり、子供の頃は「くいだおれで食事をする」その言葉で、親の躾の言葉に忠実に受け答えするほど、楽しみな店でもあった。戦後の早い段階から、和洋中の食事が選択できたので、「何をたべようかな」
何日も前から、思い浮かべるだけで、よだれが出るような時代を引き継いでいた。

◆メタボリックシンドロームが持つ2面性

最後メタボリックシンドロームと京都、大阪、神戸の食生活を分析する常に現在社会の問題が一側面で見られていることが多く、多面的な見方の必要性を感じる