循環型社会の中で環境と健康を考えるロハスなくらし お問い合わせ

道元の教えに学ぶロハスデザイン

 
水を知る 土に気付く 火に学ぶ 関西文化とロハスデザイン ロハスデザインの実践  
TOP>火に学ぶ>火とエネルギーを考える

火に学ぶ

道元による調理の心得とは、「喜心」「老心」「大心」の三心が大切とされています。 それは主に食べる人への心配りを指しているのですが、科学の発展した今、調理時の熱エネルギーについての正しい知識をもつことで、人だけではなく環境へ配慮することも求められています。

火とエネルギーを考える

◆環境問題は日々の調理から

メタポリックシンドロームは自身の健康に大きな影響を与えると同時に、脂肪質の過剰摂取の習慣が畜産地域の規模を拡大させ、畜産の規模拡大が環境汚染を一層拡大させている問題を指摘した。
安い、家畜の飼育による大規模畜産団地とその団地から排泄している環境汚染の問題である。
鳥インフルエンザの蔓延も大規模養鶏ほど大きな影響が見られる。
脂肪質の多い調理加工は一般的に熱エネルギーが多く必要であり、熱エネルギーの消費量がCOの排泄量に影響している。
脂肪質の過剰摂取は自身の健康並びに、家畜の生産環境からの環境汚染、調理による加熱の熱エネルギーから生じる廃棄されるエネルギーロスが相乗し自然環境全体に影響している。先進国ほど脂肪質の摂取量が多い。経済的に豊かであるほど脂肪質の摂取量が増加している。



戦略WEB|RAYCREATION|WEB戦略