循環型社会の中で環境と健康を考えるロハスなくらし お問い合わせ

道元の教えに学ぶロハスデザイン

 
水を知る 土に気付く 火に学ぶ 関西文化とロハスデザイン ロハスデザインの実践  
TOPTOPICS行事情報・報告>式年遷宮に利用される樹齢350年の檜の伐採行事

行事情報・報告

◆式年遷宮に利用される樹齢350年の檜の伐採行事

12月4日の新月に、伊勢神宮で20年に一度行われる、式年遷宮に利用される樹齢350年の檜の伐採行事が、木曽の柴原様により行われました。

新月に伐採することで材木として、木の寿命に大きな違いがあることが古くから伝わっています。
特徴としては、 燃えにくく 、また、カビに強い、腐食に強い、害虫に強い、割れ・狂いが生じにくいようです。
同じ事が種まきにも言え、稲刈りに最適な日も新月と言われています。


式年遷宮につきましてはこちらへ

次の第62回式年遷宮は、2013年(平成25年)に行われる予定です。


 

マイクロ波超流体

間伐材棺を活用しよう

磁性流体発電

チュニジアを有機農業の国に

愛媛県 しまの大学 「香りと癒しの上島へ」

未利用資源有効活用研究センター

食べられる野菜シート研究開発情報

近江すずき(ブラックバス)商品化事業報告

カドミウム汚染米と食の安全性

セミナー・フォーラム情報

メディア掲載情報

磁性鍋最新情報

上勝村最新情報

食の知恵

環境問題と農作物

京都カルチャー

メタボリックシンドローム対策情報

研究報告

行事情報・報告

料理研究家 堀知佐子&「リール」最新情報

消費税の増税とTPP参加を考える

戦略WEB|RAYCREATION|WEB戦略