循環型社会の中で環境と健康を考えるロハスなくらし お問い合わせ

道元の教えに学ぶロハスデザイン

 
水を知る 土に気付く 火に学ぶ 関西文化とロハスデザイン ロハスデザインの実践  
TOPTOPICS>行事情報・報告

行事情報・報告

◆「自然耕房あおき」の4年間を振り返って

青木慎一氏が亡くなられて11月20日で丸4年を迎える。
4年前、圃場は17年間の汗と涙の結晶であり、まだ完成には至っていない圃場をそのままにして、旅だった無念さが冬を迎える畝畝に枯れ草となって覆われていた。
初年度は何とか継続する方法を模索し、2年目に入り、賛同者とともに農事法人を設立し「自然耕房あおき」としてスタートした。この11月20日で法人化から3年が終了する。
何よりも4年間農場が継続できたことに感謝する。
中でもオルター及びオルターの会員の方々を始め、消費者との間で介在していただいた企業の方々、地域でのサポートしてくださった方々、圃場に直接労力として携わった方々に改めて感謝します。
 4年間で延べ日数850日を完全なボランティアとして実働した経験は、これまでのように間接的に農場を見ているのではなく、日の出前に圃場に立ち、清純の中での野鳥の囀る声を聞き、朝日と共にコウノトリのカタカタカタカタ、カタカタカタとクラッタリングのリズムを聞き、あるときはイノシシの親子が横を走抜ける姿を追いながら。
鍬や鎌を持つ手は、たびたび血豆で覆われたが無事に終えられたことに改めて感謝する。
従来の栽培は、365日安定した出荷に基づく栽培形態ではなく、山あり谷ありの収穫スタイルであった。この4年間は365日安定した出荷形態を追求した栽培に切り替えてきた。
山陰地方は、冬季には休む農業が一般的である。
雪が降り、雨が多いなかで、夏場に集中した栽培が普通の計画である。しかし、安定した人員の確保や、消費者の方々にとっても不安定な出荷は、継続した消費意識へのつながりを欠き、ベストではない。
オーガニック農産物を求められる方々は安定した商品の供給を常に求められる。
そこで、消費者の方々と一定のサイクルで連携して行くには、日々農産物を出荷できる生産システムを構築していった。
単一品目大量生産システムは、オーガニック農業では水稲の単作栽培以外は、大変採算性において難しい。
京丹後市は、年間200日前後の雨日であり、年間を通して野菜を栽培し出荷するには一定の面積の雨よけと雪よけの施設が欠かせない。当初は4棟のハウスから、現在では8棟のハウスになり、4年間に4棟のハウスを増設した。その結果、ほぼ年間を通して安定した野菜の供給が可能になった。

◆ 一般社団法人 兵庫県建築会月例会による講演依頼

                     2019年2月7日12時より
            場所 神戸市  三宮西村屋

演題 「健康維持に欠かせない農業と共生環境」
ー地域創生になぜオーガニック農業が大切か!ー

年初に厚生労働省からの発表では日本は世界一長寿に国となっている。
平均寿命は84.2才、次に長寿の国は、香港、マカオ、スイス、スペイン、フランス、シンガポール、カナダ、リヒテンシュタイン、韓国、イタリア、ノルウェー、オーストラリアなどで全て82.5才以上である。

これらの国を見ていくと、次のような特徴がある。
長寿を楽しみ満悦して生きられる地域、特に中華思想の高齢者を大切にする地域、次に魚介類肉類、乳製品を常にバランス良く摂取している地域等である。

◆里山シンポジウムin 高島 

一般社団法人近畿建設協会 「地域づくりまちづくり支援事業」 助成事業

~地域資源を生かした新しい地域づくりをまちづくりのための井戸端会議~


【日時】 平成26年12月6日(土)~7日(日)

【会場】 ペンションマキノ (高島市マキノ町石庭229-1 電話0740-27-0111) 

【主催者】 NPO法人 絵本による街づくりの会

【シンポジウム概要】

テーマ:日本の原風景である里山の自然・文化・暮らしを地域の資源として見つめ直し、

地方都市再生を図る方策-里山モデルを考える。


◆NPO法人未利用資源事業化研究会発足記念講演会終了しました

2012年2月24日、京都工芸繊維大学にて、NPO法人未利用資源事業化研究会発足記念講演会が開催され、多くの方にご参加いただき成功のうちに終了することができました。

未利用資源と次世代エネルギーについて発表いたしました、株式会社精膳の資料を
下記にアップいたしました

未利用資源と次世代エネルギーについて→

◆NPO法人未利用資源事業化研究会発足記念講演

NPO法人未利用資源事業化研究会(代表 京都工芸繊維大学 木村照夫教授)の発足を記念して下記の要領で講演会を開催いたします。


■日時:平成24年2月24日(金)13:30~17:00
■場所:京都工芸繊維大学60周年記念会館
 http://www.kit.ac.jp/01/gakunaimap/matugasaki.html

チラシはこちら→

NPO法人 未利用資源事業化研究会ホームページ



◆農工商連携を目指してNPO法人未利用資源事業化研究会発足

京都工芸繊維大学 木村照夫教授、株式会社精膳 代表取締役河野武平氏らが中心となり、NPO法人 未利用資源事業化研究会を発足し、農工商連携を目指して動き出した。

NPO法人 未利用資源事業化研究会ホームページ

NPO法人 未利用資源事業化研究会facebookページ


2012年2月14日の日刊工業新聞に掲載されました

120214nikkankogyo.jpg

◆チュニジアを有機農業の国に~チュニジアへの提言書~

103.jpg

アラブ諸国では、古くからグリーンチュニジアと呼ばれている。
古代都市、カルタゴの時代から、農業技術の進んで地域であり、現在も豊かな農地が継続されている。
8/17日~24日まで、北チュニジアとボン半島を中心に農業地域を視察させていただいた。
(写真:緑豊かな地中海の国チュニジア→)

広大な、小麦畑の収穫後の圃場、延々と続くオリーブの畑、豊富な果実の種類、乾燥大地を利用したトマト栽培、全て日本では見られない光景である。
何よりも、驚いたのは、2ヶ月以上降水が無い状態で生き生きとしている樹木の生命力の強さ、果実を付け、収穫されている現実に脅威さえ感じる。

047.jpg

家庭菜園では、オリーブとオレンジ、檸檬、イチジク、梨、リンゴ、ザクロ、ぶどう、びわが混植され収穫されているのには、日本の常識では、あり得ない生育環境である。チュニジアは、ほぼ、一年中果実が収穫されている。
チュニスから、一歩、郊外に出向くと、農業風景は、50年前の日本の農村形態がそのまま残されている。
(写真:郊外に拡がる広大なオリープ畑→)

以下2つの提言をお送りする。

◆香りと癒しの上島へ

3月26日(土)に愛媛県越智郡上島町で、しまの大学の行事「香りと癒しの
上島へ」の一環として、島民の人々に「コブミカンの苗」を配布しました。

しまの大学は4月23日(土)に開校し記念式典を行います。特に新たな行事として「アイランドセラピー」の基地の発信とアイランドセラピーの活動を全国的に広げネットワークを構築する予定です。

◆おおさかATCグリーンプラザ開設10周年記念セミナー

3月18日(金)、大阪ATCグリーンエコプラザにおいて開設10周年記念セミナー「今後期待される環境ビジネス~グリーン・グロースに向けて」が開催されました。

 

当日、「産官学連携による環境ビジネスの事例の紹介」として河野武平が講演を行いました。

 

講演内容の詳細はこちらから

◆3月26日(土) しまの大学にて「癒しの香り、コブミカンの苗」100本が配布します。

しまの大学では、昨年12月に開催されたアイデアコンテストで島の方達が投票し、最優秀賞を受賞した『香りと癒しの上島(京都府の河野武平氏のアイデア)』を『癒しと香り学部』として、コブミカンなど芳香性の高い植物を栽培し、高齢者の就業機会を増やして、癒しの香りから健康長寿の上島を目指す取組みをスタートしました。

 

そして3月26()、しまの大学の「香りから地域の活性化を」の一環として、いよいよ、次へのステップに入り、「癒しの香り、コブミカンの苗」100本を島民に配布し栽培が始まります。当日は2月に播種していたハーブの苗3種類も合わせて配布し、栽培が始まります。

 

詳しくはこちらから

◆【2011年3月18日開催】大阪ATCグリーンエコプラザ開設10周年記念セミナー

2011年3月18日、大阪ATCグリーンエコプラザにおいて開設10周年記念セミナーが開催されま
す。
タイトルは「今後期待される環境ビジネス~グリーン・グロースに向けて」です。
当日、「産官学連携による環境ビジネスの事例の紹介」として河野武平が講演します。

■日時  2011年3月18日(土)  14時~17時20分
■主 催 : 大阪環境産業振興センター(おおさかATCグリーンエコプラザ)実行委員会
■受講料 : 無料
■会 場 : ビオトープ・プラザ (ATCビルITM棟11F おおさかATCグリーンエコプラザ内)
■定 員 : 80名 (先着順) ※受付確認はFAXまたはE-mailでお送りします。)
■お問合せ: 〒559-0034 大阪市住之江区南港北2丁目1-10 ATCビル ITM棟11F
        おおさかATCグリーンエコプラザ 「環境ビジネスセミナー」係
        TEL:06-6615-5887

くわしくはこちら→

◆式年遷宮に利用される樹齢350年の檜の伐採行事

12月4日の新月に、伊勢神宮で20年に一度行われる、式年遷宮に利用される樹齢350年の檜の伐採行事が、木曽の柴原様により行われました。

新月に伐採することで材木として、木の寿命に大きな違いがあることが古くから伝わっています。
特徴としては、 燃えにくく 、また、カビに強い、腐食に強い、害虫に強い、割れ・狂いが生じにくいようです。
同じ事が種まきにも言え、稲刈りに最適な日も新月と言われています。


式年遷宮につきましてはこちらへ

次の第62回式年遷宮は、2013年(平成25年)に行われる予定です。

 

マイクロ波超流体

間伐材棺を活用しよう

磁性流体発電

チュニジアを有機農業の国に

愛媛県 しまの大学 「香りと癒しの上島へ」

未利用資源有効活用研究センター

食べられる野菜シート研究開発情報

近江すずき(ブラックバス)商品化事業報告

カドミウム汚染米と食の安全性

セミナー・フォーラム情報

メディア掲載情報

磁性鍋最新情報

上勝村最新情報

食の知恵

環境問題と農作物

京都カルチャー

メタボリックシンドローム対策情報

研究報告

行事情報・報告

料理研究家 堀知佐子&「リール」最新情報

消費税の増税とTPP参加を考える

戦略WEB|RAYCREATION|WEB戦略